専門外来のご案内

印刷する

禁煙外来

喫煙は肺癌だけでなく、肺気腫や虚血性心疾患(狭心症や、心筋梗塞)などの病気を引き起こすもととなっていることは、皆さんもご存じのことと思います。

しかし、禁煙を希望される方がいても、本人の意志の力だけで長期の禁煙が出来る方は非常に少ないのが現状です。その理由は、ニコチンは脳に快感を感じさせ、習慣性を持たせるものであり、その他の薬物依存と同様に『依存症』をきたすことにあります。

現在、ニコチン依存症は病気としてとらえ、ニコチンをタバコ以外の方法で少量を持続的に摂取し、禁煙の助けにする『ニコチン代替法』(市販のニコレットや病院処方のニコチネルTTS)が開発されています。その後、非ニコチンの内服治療として、チャンピックスが登場し、さらに禁煙治療における薬剤の選択しが広がりました。

禁煙ができないのは『意志が弱い』からではなく、ニコチン依存症という病気であるためと理解されるようになっています。ニコチン依存症は『再発しやすいが、繰り返し治療することにより完治する慢性疾患』と考えられるようになり、医療機関の助けを借りれば十分治療可能な病気となっています。

様々な病気の原因や増悪因子となる喫煙を少しでも減らせるように、当院でも禁煙治療を積極的に行っています。お気軽に、クリニックスタッフにお声をかけて下さい。当院スタッフが貴方の禁煙をサポート致します。

呼吸器専門医:伊志嶺朝彦