当院について

印刷する

医療安全推進部

各部署紹介

(1)今年度 部署で取り組んだ事

  • ♦安全ラウンド(リスク担当者)
  • ♦インシデントデーター管理及び再発のモニタリング
  • ♦医療安全に関する啓蒙活動及び教育
    (「6R」「SBAR」「RCA」「KYT」を中心に)
  • ♦急変時対応教育(ICLS委員会メンバー中心に)
  • ♦院内個人情報院内監査の実施(6月~7月にかけて全部署)

医療安全推進部

(2)活動状況・結果

  • ♦安全ニュースの発行(1回/1~2ヶ月)情報提供及び啓蒙を中心に。
  • ♦通所リハビリ:インシデント勉強会(6月)
  • ♦ME勉強会 2月「輸液ポンプ・シリンジポンプについて」7月「心電図モニターについて」
~インシデントデーター管理~
内容 合計
平成27年インシデント件数(再発率) 368件(34.7%)
平成26年インシデント件数(再発率) 294件(43.8%)

~内容別件数~

内容別件数

平成27年のインシデント状況は昨年に比べ提出件数は大幅に増えている。これは職員1人1人の安全意識の向上の継続と6月に行った通所リハビリでのインシデント勉強会をきっかけに報告文化が始まった事で件数の増加に繋がったと考えられる。内容はレベル1以上での報告が全体の約7割を占めている。しかし、再発インシデントに関しては部署内で「RCA分析」を繰り返し行う事で件数が減少してきた事例もある。医療者はヒューマンエラーを誘発する要因の中で業務を行っている。今後は、その環境下で安全に医療を提供する為にコミュニケーションスキルやリーダーシップ、新入職・中途職員への教育の強化が重要と考える。

(3)今後の目標

  • ♦医療安全推進部担当者の育成(医療安全管理者研修への参加要望)
  • ♦急変時対応訓練(ICLS委員会中心に)ガイドライン改定にに伴い全スタッフへの勉強会及び実践訓練
  • ♦RCA分析の定着(再発インシデント及び3a以上の分析会の定着)
  • ♦「6R 」の啓蒙活動の継続
  • ♦MEによる勉強会の継続
  • ♦法人個人情報院内監査の実施及び定着