医療相談室

各部署紹介

(1)今年、部署で取り込んだこと

  • ①患者さんが安心して療養できる環境整備のため、院内関係部署・地域の関係機関との連携を更に深める支援体制づくり。
  • ②患者さんや職員に対する社会福祉制度の情報提供及び、制度活用のための援助を継続実践。
  • ③部内で難航ケースの共有を行い、相談援助の質の向上及び安定化。
  • ④学会、研修会へ参加し、資質の向上に努める。

医療相談室

新規・再開 推移

医療相談室

(2)その取り組み状況またはその取り組みの結果

  • ①クリニックでは経済的な相談が多く、少しでも経済的な不安がないよう活用できる制度の紹介を行った。経済的な相談の多くは、抗がん剤・糖尿病・関節リウマチ等の方に、他職種(医師.看護師.事務員など)と連携を図り、患者さんに必要な制度紹介を行った。
  • ②常時、医療の管理が必要な患者さんが安心して療養できるよう、訪問診療や訪問看護、居宅介護支援事業所と連携が取れるよう努めた。外来時から入院や療養病院への入院を希望されている患者さんやご家族に早期に介入した。
  • ③内外の研修に参加し、資質の向上に努めた。
  • ④市町村の地域包括ケア体制状況の把握や連携強化に努めるため、うるま市や沖縄市の交流会に参加。嘉手納町や読谷村では、地域のケース会議に参加した。

(3)今後の目標または部署としての抱負

  • 患者さんが安心して療養できるよう環境整備のために、院内関係部署・地域の関係機関との連携を強化し支援システムを継続して行う。また、必要な患者さんを在宅部門(訪問診療・訪問看護・居宅・通所リハ)にスムーズに繋げる。
  • 高齢者世帯に対する地域社会資源の発掘・活用。
  • 外来での在宅療養環境の調整強化。
  • 各自初任者研修・中堅者研修への参加。