文字サイズ

看護管理室

各部署紹介

(1)今年取り組んだこと

  • ①看護部体制の強化
  • ②中頭病院移転に伴うクリニック
    体制構築
  • ③看護業務の再構築
  • ④外来看護の充実

看護管理室

(2)その取り組み状況又はその結果

①看護部体制の強化
今年度より法人看護部体制となり、クリニック看護部も新体制への強化に努めた。
♦外来看護師配置の一元化
勤務表作成を執行部に移行し、安定した看護師配置及びワークライフバランス推進に向け取り組んだ。
②中頭病院移転に伴うクリニック体制構築
移転に伴う課題抽出を目的にアンケート調査を実施、結果を基に課題解決に向け取組みを開始した。
♦看護職員を対象に「病院移転に伴う準備室」アンケート調査を実施
外来・血液浄化センター・健診センター・通所リハから183件の回答があった。最も多かった意見は”診療体制””急変時の対応”といった患者の安全を守ることへの不安であり約7割を占めた。
♦安全なケア提供に必要な「トリアージ手順の作成」及び「中央処置室の機能検討」に着手した。
③看護業務の再構築
外来において看護助手へ移行できる業務を調査し60項目を抽出。31項目の業務を移行した。
♦看護助手へ移行した業務(一部抜粋)
無呼吸外来における物品管理及びデータ管理、薬品の運搬と補充、器材の洗浄など
④外来看護の充実
看護指導外来において他職種との連携した指導を強化し、指導及び算定件数の向上に努めた。
♦生活習慣病看護外来 算定件数(4~12月) 412件 前年度比1.22増
腎看護外来算定件数(4~12月) 230件 前年度比1.29増
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
平成25年 66 51 58 62 61 56 50 43 41 50 53 61 652
平成26年 54 54 48 49 39 40 36 37 36 42 29 31 495
平成27年 19 19 27 43 70 84 92 94 112 97 107 96 860

<生活習慣病看護外来>平成25年~27年指導件数推移

(3)今後の目標

  • ①クリニック看護部新体制機能の強化:看護提供体制の再構築
  • ②中頭病院移転に伴うクリニック新体制構築への参画:中央処置室の設置、病院との連携対策
  • ③外来看護業務における標準化の促進
  • ④外来看護指導の強化:指導外来の質の向上、地域ニーズにあった新規看護外来の開設