当院について

印刷する

居宅介護支援事業所なかがみ

各部署紹介

(1)今年度、部署で取り組んだこと

  • ①新規受入れ対応
  • ②退院支援の状況
  • ③利用者満足度調査
  • ④特定事業所加算Ⅱ取得

居宅介護支援事業所なかがみ

(2)その取り組み状況・結果

 H27年1月から12月現在、月平均7.4名のケアマネジャーにて活動してきました。新規ケースを115件(前年比:18件減)受入れ、計335件(前年比:11件増)のケアマネジメントを行ないました。要介護3~5の重度者の利用率は、全体の平均37.9%(前年比:2.4%減)、要介護内の平均47.9%(前年比:0.8%増)となっています。要支援の利用者数の平均46.1件(前年比:12.9件増)となっています。
 新規の退院支援ケースは、中頭病院退院支援が28件、転院後退院支援が25件、他病院退院支援が17件、計70件(前年比:27件減)となっています。新規ケースの60.9%(前年比:12.0%減)が退院支援となっています。新規の介護老人施設退所支援ケースは、2件となっています。
 延べ2,692人中(前年比:280人増)、196件(前年比:10件増)の入院発生、入院率は7.28%(前年比:0.43減)で入院予防に努めています。
 入院時情報提供による連携加算取得は、10回(前年比:2回減)取得しました。退院・退所支援ケースは計144件(前年比:7件減)で退院支援に努めています。退院時情報収集による連携加算取得は90回(前年比:40回減)でした。医療と介護の連携強化に取り組んでいます。
 終了ケースは106件(前年比:9件増)で、自宅療養18件(前年比:12件増)、包括移行2件(前年比:2件減)、入院29件(前年比:12件減)、入所14件(前年比:10件増)、ターミナルケア39件(前年比:5件増)、その他4件(前年比:4件増)となっています。
 平成27年度の利用者満足度調査において、全体では94.95%(前年比:3.94%増)の満足度となっています。ケアマネジャーに望むイメージ像は、「サービス事業所や保険者との連携が図れること」「医療的ニーズの高い急ぎの調整にも、すぐに対応ができること」「話しを傾聴し、安心・信頼感がもてること」となっています。
 専門職同士、多職種協働における連携が必要であると考え、研修会開催や参加、地域交流などの活動にも、積極的に取り組んでおります。

(3)今後の目標

適正なケアマネジメント提供、医療との連携強化、それに対応継続できる人材育成
特定事業所加算取得の継続(H27.5取得)