文字サイズ

当院について

印刷する

外来リハビリテーション室アトム

各部署紹介

(1)今年度、部署で取り組んだこと

  • ①リハビリ室での待ち時間調査
  • ②乳腺外科手術見学
  • ③青空会(乳がん患者会)での体操教室
  • ④アトム利用者データベース作成

外来リハビリテーション室アトム

(2)その取り組み状況・結果

  • ①リハビリ室での待ち時間調査;
    リハビリ室入室からリハビリ開始までの時間を記録し、前年度との比較を行った。結果は、前年度に比べ待ち時間は短縮傾向にあり、予約枠の適正人数の把握に繋がった。新規利用者の多い日の待ち時間対策として、待ち時間の案内をすることで苦情に繋がらない努力は継続していく。
  • ②乳腺外科手術見学;
    前年度から手術見学をさせて頂き、術後肩可動域に影響を及ぼす因子を術式毎の肩可動域制限因子を調査している。術後後療法に活かす目的でリハ職員への報告会も実施しました。
  • ③乳がん患者会での体操教室;
    8月に、術後の肩関節可動域制限を緩和するストレッチ体操教室を開催しました。体操教室の後には患者様同士の交流の場にも参加させて頂いた。
  • ④アトム利用者データベース作成;
    年齢層、疾患名、手術有無、退院後外来開始までの日数、依頼科、リハビリ通院期間、問題解決率等をモニターしています

その取り組み状況・結果

(3)今後の目標

手術後退院の患者様は、退院後早期に外来移行することで二次的障害を予防することが出来ると考えているので、これまで通り入院部門と連携しながら切れ目のない介入を目指していきます。また、「患者さまの声」を聞く機会として、部門でのアンケート調査等は継続的に実施していきたいです。