文字サイズ

臨床薬剤部

各部署紹介

(1)今年度、部署で取り組んだこと

薬剤の安全確保と強化

  • ①内服抗がん剤の患者初回指導
  • ②オピオイド内服患者初回指導
  • ③外来化学療法の管理、2回目以降のカルテ上での処方監査と副作用モニタリング
  • ④エピペン初回患者指導
  • ⑤薬剤安全ラウンド
  • ⑥薬薬連携による調剤薬局との情報交換と共有

臨床薬剤部

(2)その取り組み状況・結果

①②③薬剤科では外来化学療法(注射)において抗がん剤の混注、薬歴管理、定期的な指導介入
を行うことで患者様の副作用モニタリング、コントロールを行っている。
内服抗がん剤に関しては、臨床試験プロトコール等により、用法、用量、休薬期間が添付文書だけでは判断できない外科のみに初回指導を行っている。2回目以降の処方からは、カルテ上での処方監査と副作用モニタリングを行っている。麻薬初回指導に関してはマンパワー不足のため現在外科のみでおこなっている。

③エピペンに対する理解度が以前より上がっており、処方も増加してきている。理解を得てもらうために初回指導を行っている。

④月1回の薬剤安全ラウンドを継続。フィードバックを行うことによって改善してきているように感じた。

⑤薬薬連携は月1回継続している。調剤薬局で困っていることなど、病院からの要望などの情報交換が出来ており、また各部署からの参加依頼もあり、話し合う機会もあった。

(3)今後の目標

  • ①内服抗がん剤の初回指導と外来化学療法副作用モニタリングの継続
  • ②薬剤安全ラウンドの見直しと改善
  • ③薬薬連携の継続