文字サイズ

当院について

印刷する

ISO9001認定

医療サービスの向上に向け、品質保証の国際規格である ISO9001の認証を取得いたしました。

2018年 ISO9001品質管理システム更新審査を終えて・・・

去る2018年6月27日から29日の3日間の日程で、ISO9001:2015年版への移行審査及び第1回サーベイランス審査を受審しました。その結果、注意を要する不適合(マイナー不適合)が3件、改善の機会は移行審査の所見12件を含め全27件、他に類を見ない良い活動(Good Point)は4件でした。3件のマイナー不適合は、1ヶ月以内に是正処置策を提出し再発防止を約束、また移行審査の12件の改善の機会では、品質マニュアルを修正し、不適合の是正処置計画書と合わせて提出し、ISO9001:2015年版への移行の推薦を受けることができました。
審査員の先生方より、職員の改善意欲が高く、仕組みの中で人材育成がプロアクティブに取り組まれていること、長年の運用によりマネジメントシステムの重要性と運用の必要性が組織に浸透していると総評をいただきました。
今後も、ちばなクリニックはISO9001による品質管理を有効かつ確実に行い継続的な改善を実践していきたいと思います。

品質管理責任者 安里洋美

ISO9001の認証を取得し、学習し進化する組織へ

組織のライフサイクルは30年です。しかしIT時代では10年以下かもしれません。誕生から萌芽期においては、土台創りが組織の命運を決めるので、 ISO9001を受審することになりました。目的はただ一つ、『患者さんの目線で、安全で質の高い医療を組織で提供するクリニックを目指す』ことです。
平成16年8月4日のISO9001受審のキックオフから1年を経て平成17年8月11日認証されました。23年間の中頭病院での経験の上に、クリニック職員全員の辛苦の結果 、私たちは喜びを分かち合えることができました。その成果は作成されたマニュアルが310冊という数字が如実に物語っています。
しかし、まだ、まだ終わらない。これからがスタートです。平成14年11月1日誕生した『ちばなクリニック』が永続するためには、学習し進化する組織でなければなりません。 『患者さんのための、職員のための、地域のためのクリニック』を目指して、3つの精神
1優しさ 2奉仕 3相手を手伝うチーム医療
で『目標を高く』、がんばりたいと思います。

ちばなクリニック 院長 大城 直人

ISOって なに?

ISOとは「国際標準化機構」のことで、ISO9001は製品やサービスの品質を管理するシステムの国際規格です。『受付から診察を経て会計まですべての部署が医療という製品』を創っているので、その製品の質を各部署で文書管理していくシステムです。その方法は、『顧客満足を得るため、毎年各部署が目標を立て(plan)、文書に基づいて実行(do)、実施状況をトップによるマネジメント・レビューと内部監査で監視・把握(check)、そして目標やシステムの改善(action)を定期的に行うことでPDCAサイクルを回転させる』ことです。