文字サイズ

診療科のご案内

印刷する

小児アレルギーコラム 小児アレルギーエデュケーター(PAE)が誕生しました!

沖縄市 ちばなクリニック アレルギー外来担当 佐藤です。
このたび、当院において

\ 小児アレルギーエデュケーター(Pediatric Allergy Educator, PAE)」の看護師が誕生しました /

小児アレルギーエデュケーターとは

小児アレルギーエデュケーター(以下PAE)は、小児アレルギー分野における医療者資格です。
アレルギー専門の医師のもとで数年間研修を行い、専門学会への参加や各種講習、試験などを経て認定される難関の専門資格です。
治療器具の正しい使用方法やアトピー性皮膚炎治療でのスキンケアの説明、食事に関する指導など、アレルギーでお悩みのお子さんやご家族が、前向きに治療に取り組めるよう専門的な立場で支援します。

【参照:一般社団法人日本小児臨床アレルギー学会 PAE:全国 524名、沖縄 11名(看護師7名/薬剤師4名) ※2020年6月15日時点】

アレルギー疾患をもつお子さん・ご家族の味方になりたい

離島の特徴でもありますが、主に都内などで行われる各種資格試験や講習会などを受講するためには、頻回に渡航をする必要があり、体力的・時間的、また経済的な負担のため、資格取得を断念せざるを得ない方も少なくありません。そういった中で、通常の看護業務を行いながら(しかも4人の子育てをしながら!)
資格取得を成し遂げたスタッフの熱意に感服します。(本人の頑張りだけでなく、支え続けてくれたご家族が最大の功労者なのだと思います)
Pediatric Allergy Educator

▲ PAE取得 知名志保子 看護師

小児アレルギー外来はチーム医療が不可欠です。ちばなクリニックでは、PAEを取得した知名看護師の他、複数の看護師がアトピー性皮膚炎の皮膚ケア、気管支喘息の吸入指導、食物アレルギーの負荷試験の補助など幅広い分野において診療をサポートしています。
外来診療に止まらず県内のアレルギー講習会においても、大活躍の頼もしい仲間達です。
今回はPAE看護師が1名誕生、現在もう1名が資格取得の準備を進めています。
今後もアトピー疾患でお悩みのみなさまの支援と、外来の充実を目指していきたいと考えています。
アレルギーのご相談などありましたら、お気軽にお声掛け下さいね。

参照
一般社団法人 日本臨床アレルギー学会 「小児アレルギーエデュケーター」制度
  • ※このコラムは、2020年6月時点のアレルギー診療に基づく内容です。
  • ※アレルギーは個人差の大きい疾患です。個々のお子様の症状や対応につきましては主治医とご相談ください。