文字サイズ

専門外来のご案内

印刷する

成人予防接種外来


予防接種を受けると、その病気に対する免疫が作られて、仮に感染しても重症化を防ぐ事ができます。さらに社会全体への流行を抑制する事にも繋がります。
幼少期に予防接種を受けていても、加齢により免疫が弱くなることもあるため、予防接種を受けて感染症から守りましょう。
海外へ渡航される場合も、渡航先の状況を確認し、予防接種を受けましょう

成人インフルエンザ予防接種開始します

実施期間:令和2年10月21日(水)〜令和3年2月27日(土)

予防接種
指定日
午前 窓口・電話予約
午後 web予約可 web予約可 web予約可 休診
  • ✓ 定期通院されている方は、主治医へご相談ください。
  • ✓ 火曜日の午前は、お電話または診療科受付にて承ります。
  • ✓ 水・木・金曜日の午後は、お電話のほかwebでのご予約も可能です。*11月4日(水)以降の枠
  • ✓ 初めてweb予約をご利用になる方はメールアドレス登録が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

メールアドレス登録がお済みの方は、
こちらよりweb予約を承ります。
(11/4以降の枠より)

インフルエンザ予防接種を受ける際の注意事項
予防接種法に基づくインフルエンザの予防接種は、自らの意思と責任で接種を希望する場合にのみ接種を受けることができます。
予防接種を受ける前に、医師から十分に説明を聞き、必要性や副反応についてよく理解・納得した上で接種を希望し受けてください。
予防接種を受けることができない人
1.明らかに発熱のある人(一般的に37.5度以上)
2.重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
3.インフルエンザ予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと)を起こしたことがあることが明らかな人
4.前にインフルエンザの予防接種を受けたとき、2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーと思われる異常がみられた人
5.その他、医師が不適当と判断した場合
予防接種を受けるに際し、担当医師とよく相談しなくてはならない人
1.心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などの人
2.かぜなどのひきはじめと思われる人
3.薬の投与または食事(鶏卵・鶏肉など)で皮膚に発疹がでたり、体に異常をきたしたことがある人
4.いままでに痙攣(ひきつけ)を起こしたことがある人
5.過去に本人や近親者で検査によって免疫状態の異常を指摘されたことのある人
6.間質性肺炎、気管支喘息などの呼吸器疾患のある人
7.発育が遅く、医師・保健師の指導を受けている人
8.妊娠している人

その他お取り扱いワクチンについて

常備ワクチン(当日希望でも対応可能です)
・おたふく風邪ワクチン
・B型肝炎ワクチン
・破傷風ワクチン
・MR(麻しん風しん混合)ワクチン
・日本脳炎ワクチン
・水痘・帯状疱疹ワクチン
・肺炎球菌ワクチン
お取り寄せワクチン(事前の予約が必要です)
・髄膜炎菌(4価結合体)ワクチン
・2種混合(ジフテリア破傷風)ワクチン
・ポリオワクチン
・麻しんワクチン
・風しんワクチン
・A型肝炎ワクチン
 

▪️ 水痘・帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹は皮疹(発疹)や痛みを生じ、時に皮疹(発疹)が治癒した後も痛みなどが長期間持続し日常生活にも支障をきたすやっかいな病気です。
予防接種は、帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすみます。
帯状疱疹のワクチン対象者は50歳以上です。

ご注意

  • * 輸入ワクチンには対応しておりません。
  • * 任意の予防接種は実費です。ワクチンの種類により、金額が違いますのでご注意下さい。
  • * 肺炎球菌ワクチンは、高齢者を対象とする定期接種です。ご自身が対象であるか、お住まいの市町村へお問合せ下さい。
  • 成人予防接種外来日

    診療科 2F 内科
    診療日 第1・第3土曜日 午前10:00〜12:00
    受付方法 予約制 TEL 098-939-1301
    対象者は無料で風しん抗体検査・予防接種を受けられます。市町村からクーポン件が届いたら、積極的に抗体検査を受けましょう

    診療科 3F 外科
    診療日 月曜日・木曜日 午前10:00〜11:00
    受付方法 予約制 TEL 098-939-1301
    対象者
    昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日の間に生まれた男性
    料金
    クーポン対象者について無料

    詳しくは、こちらをご覧ください