診療科のご案内

神経内科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

比嘉 秀正

神経内科部長 神経内科、ボツリヌス製剤による顔面けいれん・眼瞼けいれんの治療 新潟大学

日本内科学会認定内科医
日本内科学会内科指導医
日本神経学会指導医/専門医

外来医師担当表

診療科紹介

神経内科外来では、てんかん、認知症、パーキンソン症候群、片頭痛、本態性振戦、手根管症候群が比較的多く、それ以外に少数ではあるが、沖縄型シャル コー・マリー・ツース病、重症筋無力症、脊髄小脳変性症、三叉神経痛、一過性全健忘、キアリ変形、頚髄症、ギラン・バレー症候群、シガテラ中毒などがある。
特殊治療として眼瞼痙攣および片側顔面けいれんや痙性斜頚に対するボトックス治療を行っている。