当院について

印刷する

「理念」、「患者さんの権利」、「 患者さんとのパートナーシップ 」

理念

一、良質な医療を地域に提供
一、ホスピタリティ精神に徹する
一、経営基盤の安定化
一、職場は学びと創造の場

基本方針

私たちは、やさしさと奉仕の精神を大切にし、安全で質の高いチーム医療を行います。
私たちは、地域のニーズに応え、地域の健康・医療・介護に貢献します。
私たちは、敬愛会人として誇りを持ち、自己研鑽に努めます。

患者さんの権利

– 人間としてその人格を尊重されます。
– 最善の医療を平等に受けられます。
– 病気・検査・治療等についてよくわかるまで説明を受け、自分の意思でどうするかを選択することができます。
– 個人情報やプライバシーは守られます。
– 自らの診療情報の開示を求めることができます。
– 治療のいかなる段階においても自由に質問し、自分の考えを伝えることができます。
– 医療のどの段階においても別の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利を有しています。

患者さんとのパートナーシップ

  • – 安全の確保のため、アレルギー歴など、自らの健康に関する情報をできるだけくわしく正確に伝え、共に治療にご参加ください。
  • – 処置、検査、手術、注射、点滴、採血などを受けられる場合は、職員と共にご自分のお名前をご確認ください。
  • – ご自身のお名前を書いたリストバンドを装着させていただきます。
  • – 転倒・転落の事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある場合はご遠慮なくお申し出ください。
  • – 医療サービス全般、苦情、提案など患者さんやご家族のご意見を尊重するため、患者相談窓口へご相談ください。また、利用者の声を設けておりますのでご利用ください。
  • – 治療中の心身の変化、問題が起こった場合は職員にお伝えください。
  • – 他の患者さんの権利を尊重し、診察及び職員の職務に支障をきたさないためにご協力してください。